無職でも条件次第では審査が出来るところはある

無職の方の場合、サラリーマンのように安定した収入がないことが多い傾向にあります。安定した収入がないということは、消費者金融や銀行にとってはお金を貸した後の返済能力は無いとみなされてしまうでしょう。そのため、無職の方はカードローンの審査は通らないことが多く、その影響のためか受けることすら出来ないと考えている人が多いのです。

しかし、実際には無職でも特定の条件さえ満たしていればカードローンの審査を受けることが出来る場合があります。例えば、保証人や担保などを用意できたり、借り入れ制限を許容できたりするのであれば、審査が可能な場合があるのです。ちなみに中にはこのような特定の条件がなくても審査を受けることが出来るような消費者金融業者もありますので、無職だからといってカードローンの審査を受けることを諦める必要はないのです。

無職の場合審査が通り辛い傾向にあるので注意

上記の通り、無職の場合でも特定の条件などを満たしていれば、カードローンの審査を受けることが出来るケースがあります。しかし、無職の方の場合既に触れたように返済能力がないとみなされてしまうことが多いため、審査を受けられたとしても通らない傾向にあります。

そのため無職の方で融資が必要な方は、1つの業者の審査を受けられたことに満足してはいけません。審査が落ちた後にはどこの業者の審査を受けるか、といったような対応策なども考えておく必要がありますので、事前にしっかりと考えておくようにしましょう。